スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社交ダンス タンゴのレッスン 
 
タンゴのレッスンの時、女性が一番困るのは、
どうしても男性が体でリードしていくので、
かなりの密着があります。

レッスン中にいつも注意を受けるのが、

「ほら腰引かないで、もっと足いれて!」

と普通で言えば赤面するような言葉が飛んできます。
社交ダンス タンゴ 
 
タンゴは、一言で言うと、かっこいいダンスです。

どのダンスも一緒ですが、
特にタンゴは足と首の動きが重要になってきます。

これが基本通り、ピタッと決まると実にかっこいいんですよ!

音楽もワルツの優雅さと対して、インパクトのある曲が多くあります。
社交ダンス ワルツは一番人気 
 
ワルツは一番人気の種目ですね!

女性がより女らしくみえるダンスだと思います。

音楽も優雅で流れるような三拍子のリズム。

一つ一つのステップが、ゆっくりではありますが、
決まってくると見せ所が多く、
スローアウェイと言われる決めポーズは憧れでもあります。
社交ダンス モダン(スタンダードセクション) 
 
モダン(スタンダードセクション)は、
ワルツ、タンゴ、ベニーズワルツ、フローフォックストロット、クイックステップ、など
五種目があります。

ラテンセクションは、ルンバ、チャチャチャ、サンバ、ジャイブ、パソドブレの
五種目ですが、最近ではサルサまで教えて下さいます。
私が大好きな社交ダンスについて 
 
社交ダンスを習い始めて、約二年になりますが、なかなか難しいですね。

今習っているお教室では、モダン一時間、ラテン一時間を週一回してます。

二ヶ月クールで種目が変わり、この二ヶ月間で一曲通して、
きちんと踊りが完成となるよう、教えていただいてます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。